おすすめリンク

市松人形修理のお店

市松人形修理を行っているお店をご紹介します。そのサービス内容、料金など見てみましょう!

自分でスマートフォンを修理してみよう!

自分でスマートフォンを修理するのにはメリットも多くありますが、修理を行うモノがモノです。精密機器であるスマートフォンは、大事な部品に傷をつければ大変なことになるリスクもあります。 自前修理に手を出すその前に、一度そのリスクを知っておきましょう。

スマートフォンを自分で修理することのリスク

現代、一人に一台(もしくは二台以上)持っているのが当たり前のスマートフォン。年々機能多彩に便利に、形状も薄く進化していっています。ですが、薄さを保ったまま画面サイズが大きく進化した機種もあります。
板状のスマートフォンを片手で持ち、且つ、そのスマートフォンを持ったままの手の指で画面操作をする方は多いと思いますが、よほど小さなサイズ機種でない限り、かなりグリップの安定性に欠け、手から滑り落ちる危険性は高くなります。薄く進化した分、落下などの衝撃が加われば、破損する可能性は大きくあります。
ただ、スマートフォンは例え画面が割れてヒビが入っても、そのまま使用できることが多いです。画面映像もそのまま映りますし、画面操作も通常通り受け付けます。なので、特に修理することもなくそのまま使い続ける方も多いようです。
多くの方は、スマートフォンを購入した際に、各携帯ショップにて月額数百円の修理保証のサービスを勧められ、加入されるかと思います。
ですが、それらのサービスは大体購入から一年経つと修理代がかかるようになります。修理箇所にもよりますが、最低でも一万円前後から数万円かかります。
また、携帯ショップに持っていってもその場で修理してもらえるわけではなく、代替品を借りられますが、預かった後修理完了から返還まで数日かかります。
それでも、専門業者に依頼するのが一番確実な方法ですが、画面割れやボタンの不具合、バッテリー交換などは、自分で分解して交換した方が断然安上がりで、手放す期間もありません。
原因のわからない起動不具合などは、流石に専門業者に任せた方が良いですが、破損箇所のハッキリしている交換作業に関しては、是非自分で修理を試して修理代を節約してみましょう。
ちなみに、有志の方々が修理をする様子を写真に載せながら順序立てて掲載する「iFixit」というサイトもあるので修理する際は活用してみてください。

スマートフォン修理に必要な道具

スマートフォンを修理するには様々な道具が必要です。素手では絶対に分解するのは不可能なのは言うまでもありませんよね。 ドライバーなどは各ご家庭にも常備されているかもしれませんが、精密機械のスマートフォンを分解するには特別な道具が必要になります。どんなものがあると良いでしょうか。

そもそもスマートフォンを壊さないために

スマートフォンを自分で修理すれば、節約も出来て大変有用ではありますが、まずはそもそも、スマートフォンを壊さないように扱う方が大切です。 操作をするときは片方の手で本体を持ち、もう片方の手で画面操作するのが基本ではありますが、壊さないようにするためには他にどんな対策方法があるのでしょうか。

△ ページTOPへ